学校法人藍野学院 キャリア開発・研究センター

  • お問い合せ
  • サイトマップ

キャリアサポート再就職支援室

看護キャリアアップ支援事業紹介

認定看護管理者 受講者の声

当センターの認定看護管理者教育課程は、おかげさまで「丁寧な指導だった」「実務に大変役立つ内容だった」など、毎回大変高い評価を頂いています。
このページでは、当センターで受講を終えた方のご意見・ご感想を紹介しています。

ファーストレベル受講者の声

「私にもまだまだ学ぶエネルギーがあったのだ、と気付かされました」

平成28年度第2回ファーストレベル修了者

受講開始時はどんな気持ちでしたか?また、それに変化はありましたか?
学校を卒業してから時間が経過しており、“学生”が出来るのか不安はありましたが、学べる事への期待もありました。そして、「管理」を学ぶという明確な目的をもって参加したため講義に集中でき、不安はすぐになくなりました。上司の勧めではなく、自ら志願し参加したことにも意義があったと思います。
藍野学院で受講して良かった点を教えて下さい。
講師の方々が、大学で教鞭をとられている方から現役の看護部長まで様々な立場で活躍されている方ばかりで、多角的に専門性の高いことを学ぶことが出来たことです。また、施設が新しく、学食が安くて美味しいことも良かったです。
受講中辛かった思い出は?また、それをどう乗り越えましたか?
課題レポートの提出が大変でした。研修での学びをさらに掘り下げ、自己の経験とも関連付けることは容易ではありませんでした。
しかし、図書館を利用し、文献を検索したり仲間と相談したりして乗り越えることが出来ました。私にも、まだまだ学ぶエネルギーがあったのだと気付かされました。
講習で学んだことで、今の業務に活かされていると思うことはありますか?
管理に対し漠然としていた部分が整理でき、管理者として自己の課題が明確になりました。戦略を立て、取り組んでいきたいと思います!

「部下の成長と組織の成長を深く考えることが出来た講義」

平成28年度第2回ファーストレベル修了者

受講に至ったきっかけ、理由を教えて下さい。
看護管理者として人、集団を育成し、管理していくことの難しさを日々感じていました。看護管理者に必要な理論や知識を学び、論理的思考を持って管理を行えるようになりたいと思い、参加を決めました。
講義では聞き慣れない用語も多く、ついていけるのか不安になることもありましたが、理論などを学んでいくにつれて、現場で起きている問題を概念的に捉え、分析することが出来るようになったと実感できました。次第に研修で学ぶことが楽しくなりました。
思い出に残っている授業を教えて下さい。
「看護専門職論」でシャインのキャリア・アンカー論を学んだ際、課題として「部下のキャリア開発支援」が出されました。私は部下のキャリアカウンセリングを行い、グループワークにおいて、部下のキャリア開発支援計画を立案しました。それに対し、グループのメンバーや講師の先生から貴重な意見・助言を頂いたことで、部下の成長と組織の成長を深く考えることが出来た講義となりました。
受講検討中の方にメッセージをお願いします。
私が研修で得られたものは看護管理者としての成長だけでなく、研修をともに乗り越えたかけがえのない仲間です。研修を終えてからも連絡を取り合い、情報交換や近況報告を行っています。ファーストレベルの研修では、仲間との素敵な出会いがありますよ。

「ファーストレベルの受講は、私のキャリアアップに繋がっています」

平成28年度第1回ファーストレベル修了者

思い出に残っている授業を教えて下さい。
どの講義もとても勉強になったのですが、問題解決について、理論を使って演習したことです。私はこれまで、経験や勘を使って、すぐに答えを出そうとする傾向がありました。ファクトや理論に基づき、実践可能な方法で問題を解決していくことが、現場においてとても大切で役立つと思いました。
講習中辛かった思い出はありますか?
何といってもレポートです。その他にも課題やグループワーク等もありました。1週間のうち半分は研修、半分は業務という生活でしたのでとても大変でしたが、どの講師の先生方もわかりやすい資料を作成して下さったので、それをもとに学習し、本を読んだりしてレポートをまとめました。
受講検討中の方にメッセージをお願いします。
ある講師の先生が「時代によって変わるものは看護の役割。変わらないものは看護の本質。」と講義して下さいました。現段階での私たちの役割について、これまでの知識の整理と、新しい知識をプラスして実践していくために、ファーストレベルでの講義はとても有意義なものでした。一緒に受講した皆さんのお話や意見もとても勉強になり、心に残っています。ファーストレベルの受講は、私のキャリアアップに繋がっています!

「組織の目標に向かって自分は何をすべきか考えられるように」

平成27年度第1回ファーストレベル修了者

受講に至ったきっかけ、理由を教えて下さい。
専従看護師の立場から、部署全体へと視野を広げて業務が見れるようにとの思いで受講をスタートしましたが、学びの中で、組織の目標に向かって自分は何をすべきなのか、そのためにどのように考え、伝え、対応していくかなどを考えるようにとなりました。
思い出に残っている授業を教えて下さい。
ロールプレイングの会議の進め方、グループに分かれての課題抽出など、座学だけではない授業が印象的でした。異なる立場で考え、意見を交わし、相互理解を深め、共有していく楽しさがありました。
受講検討中の方にメッセージをお願いします。
受講することは、その後、役割が与えられているということです。その役割は、とても大きく重いものではありますが、仲間と共に学んだ内容は、現場に戻ってから、少しずつ理解が深まっています。働く場所が違う人たちと相互の職場の違いはありますが、学びきった達成感を共有した仲間は、仕事をしていく上での大きな力となっています!