藍野大学

【藍野大学 医療保健学部 看護学科・理学療法学科・作業療法学科・臨床工学科】
【藍野大学大学院 看護学研究科(修士課程)】

学校法人藍野学院は、1968年に藍野病院附属准看護学院を母体に設立して以来、現代医療の発展に寄与する人材の育成に努めてきました。

2004年には、藍野大学 医療保健学部3学科(看護学科・理学療法学科・作業療法学科)を開学し、2010年には同医療保健学部内に臨床工学科を開設しました。藍野大学としては、2014年で10周年を迎え、日々変化を遂げる保健・医療・福祉のあり方の中で、高度な技術はもちろん、豊かな人間性、倫理観と最良の適応力、創造性を合わせ持つ医療人を育成しています。

近隣にある2つのグループ病院をはじめ近畿一円に実習病院を持つ藍野大学では、豊富な臨地・臨床実習が可能です。第一線で活躍する講師陣は、教育・研究もさることながら、現場では患者さんを中心に考えたケアに日々努めています。そのため、最先端の医療技術から患者さんとの接し方まで経験豊かな指導を実現し、患者さんを中心とした“チーム医療”を目指した学びが特色となっています。

2015年4月には更なる学びの場として、藍野大学大学院看護学研究科を開設し、医療系大学としてより一層の飛躍を遂げました。
ウィンドウを閉じる